海外メンズファッションスナップからコーディネートを学ぶ Italy Web

デニムパンツ のコーディネート一覧

イエローコート×濃紺ジーンズの着こなし【春】

コート 濃紺ジーンズ

あえての春カラーで差をつける、イエロー(黄色)コートと濃紺ジーンズの着こなし。

 

パキッと明るいイエローは個性的ですが、インナーやブーツに「グレー・ブラウン」のやや落ち着いた色をチョイスし、コートを邪魔しないようにしています。

 

今季はチェスターコートをはじめとしたコート系がまだまだ人気ですので、カラーで個性を出すのも1つの手ですね。


>> コーディネートの詳細を見る

グレージャケット×緑レトロスニーカーの着こなし

グレージャケット スニーカー デニムパンツ

グレージャケットに緑色のレトロスニーカーを合わせた、春向けのタウンユースなジャケットコーディネート。

 

今や定番化しているスニーカー合わせはもちろん、ラフなジーンズや丸首スウェットを合わせてカジュアルダウン。

 

「春らしい色のスニーカー」という所もポイントですね。


>> コーディネートの詳細を見る

グレーのキルティングコート×ジーンズのワークカジュアルな着こなし

コート ワークブーツ 濃紺ジーンズ

ストレートジーンズとワークテイストなブーツが無骨に映える、グレーのキルティングコートを使った冬の着こなし。

 

どちらかといえば上品なイメージのキルティングコートですが、アイテム次第でこんなにワークよりになるんですね。

 

ワイルドな感じなのでガタイの良い方や、太めの方に似合いそうです。


>> コーディネートの詳細を見る

ネイビーコート×ネイビージーンズの着こなし

コート 濃紺ジーンズ

上下「紺」のワントーンでまとめた上級者らしい雰囲気の、ネイビーコート×ネイビージーンズの着こなし。

 

発色の良いマフラーでメリハリをつけたり、ロールアップした所からチラッと見える靴下など、さりげないアクセント使いはさすがですね。

 

普通のネイビーコートコーデでは物足りない方にいかがでしょうか。


>> コーディネートの詳細を見る

フードキルティングジャケット×ジーンズのカジュアルな着こなし

デニムパンツ

ギンガムチェックシャツやキャップを加え、よりカジュアルテイストに仕上げたフードキルティングジャケット×ジーンズの着こなし。

 

このままでもいいですが、シャツをタックアウトして足元にレトロスニーカーを加え、今時らしいスポーティーカジュアルにするのも1つの手ですね。


>> コーディネートの詳細を見る

ベージュA-2ジャケット×濃紺ジーンズの着こなし

濃紺ジーンズ

きちんと感もある大人カジュアルな雰囲気がいい、ベージュ色のA-2ジャケットにジーンズを合わせた着こなし。

 

ジャケットとジーンズはカジュアルですが、インナーのセーターやシャツ、足元のチャッカブーツが上品に映えているので「きちんとした印象」もあるコーディネートに仕上がっています。

 

お出かけ・デート・買い物など色んなシーンに対応できる、そんな所も魅力ですね。


>> コーディネートの詳細を見る

【緑ツイードジャケット×ジーンズ】秋のジャケットコーデ

カーキジャケット デニムパンツ

色の組み合わせが絶妙!グリーンのツイードジャケット×ジーンズの着こなし。

 

深みのあるグリーンや、落ち着いた色の革靴が秋らしい雰囲気を加速させています。

 

さらに薄いブラウンのジレがアクセントに利いていて、これ1つでよりオシャレに見えます。

 

今年の秋、緑のジャケットを使う場合は是非参考にしたいですね。


>> コーディネートの詳細を見る

ショールカラーカーディガン×スニーカーの着こなし

ショールカラーカーディガン デニムパンツ

今季トレンドのスニーカーを使うならチェックしておきたい、ショールカラーカーディガン×スニーカーの着こなし。

 

普通のカーディガンより「きちんと感」の出るショールカラー。意外とスニーカーとも相性が良いようですね。

 

色味でいうと、ネイビー(カーデ)×濃いめのブルー(ジーンズ)と少し重たいので、明るいトーンのカーディガンに変更すると”より春らしく”使っていけます。


>> コーディネートの詳細を見る

ボーダーヘンリーネックの着こなし

デニムパンツ マリン

マリンコーデに使えそうなボーダーヘンリーネックの着こなし。

 

春らしく爽やかでいてカジュアルユースな雰囲気が特徴的ですね。

 

ボトムはブルージーンズ、そして足元は青いデッキシューズとブルーをベースにしたコーデになっています。

 

さらに「ベージュ色カーディガン+腕まくり」を合わせると、よりこなれた印象になるのではないでしょうか。


>> コーディネートの詳細を見る

茶色ツイードジャケット×ジーンズの着こなし

ツイードジャケット デニムパンツ

秋の大人カジュアルなジャケットコーディネート、としてマストになりそうな茶色ツイードジャケット×ジーンズの着こなし。

 

「茶色×紺色」のコントラストは、相性がよく秋らしい季節にもピッタリ。

 

写真のようにネクタイを加えてタイドアップして”より大人らしく”着こなすのも面白そうです。


>> コーディネートの詳細を見る

サスペンダー×ジーンズの着こなし

濃紺ジーンズ 革靴

サスペンダーにジーンズを組み合わせたオーソドックスな着こなし。

 

サスペンダーでトラッド感を加速させつつも、ボトムはジーンズで程よくカジュアルダウン。

 

全体的に「トラッドとカジュアルを融合させた」コーディネートになっていますね。

 

アウターは着ていないようですが、ツイードジャケットなどジャケット系と合わせるのが定石ではないでしょうか。


>> コーディネートの詳細を見る

Gジャン×ジーンズの着こなし

デニムジャケット 濃紺ジーンズ

個性的ながらオシャレな、Gジャン(デニムジャケット)×ジーンズを組み合わせた着こなし。

 

同じブルー系の色味ですが、上下は同じ色にせず濃淡を付けてメリハリを付けているのが印象的ですね。

 

そうすることで野暮ったい印象を払拭しているようです。

 

そして全体的に今時らしいスリムなシルエットも◎。さらにはスヌードを差し色にしてアクセントを付けている点もさすがです。


>> コーディネートの詳細を見る

30代 テーラードジャケット×ジーンズの着こなし

30代 テーラードジャケット ビンテージデニム

30代、大人の方にも実践できそうなテーラードジャケット×ジーンズの着こなし。

 

ショート丈のタイトなテーラードジャケットにビンテージジーンズという井出達で、ロールアップが程よくカジュアル感を演出。

 

品のあるテーラード+レザーシューズと、カジュアルなデニムが良い塩梅になっています。


>> コーディネートの詳細を見る

ベージュのスタジャン 着こなし

002

スタジャン スニーカー セーター ブラックデニム

ちょっと珍しい、ベージュのスタジャンを使った着こなし。

 

今時らしくインナーは「セーター+シャツ」で王道の組み合わせがスマートですね。

 

ボトムはアウターを選ばない「ブラックデニムジーンズ」をチョイスすることで印象を崩すことなく統一感を演出。

 

そして足元はスタジャンと相性の良いスニーカーと、完璧なコーディネートとなっています。


>> コーディネートの詳細を見る

ハーフコート×ジーンズ コーディネート

30代 コート デニムパンツ 短靴

オーソドックスな色味の「ベージュ色ハーフコート」にジーンズを組み合わせたコーディネート。

 

あまり差し色やメリハリを意識しているわけではないものの、なぜかオシャレに見えるその秘訣は「シルエットがシッカリ」している所。

 

今時らしく、程ピタなシルエットで統一することで、無難なアイテムであれど”オシャレでカジュアルな雰囲気”を醸し出していますね。


>> コーディネートの詳細を見る

ストリートよりの、大人ロングコートコーディネート

バッグ ブラックデニム ロングコート

カッチリよりも、カジュアルな雰囲気のあるロングコートを使用したコーディネート。

 

ロングコートの雰囲気を活かし「上半身をルーズ」にさせることで、ストリートよりの着こなしになっている所が特徴的ですね。

 

ちょっとゆるい感じでいきたいけれども、ルーズになり過ぎない大人らしさも欲しい。そんな場合のワードローブに使えそうです。


>> コーディネートの詳細を見る

モードカジュアルなシャツコーディネート

ビンテージデニム ブーツ

ダークトーンのシャツを使用した「モードカジュアル」なコーディネート。

 

ダークトーンであることはもちろん、全体できに”やや細身”で仕上げることでモード感を加速させていますね。

 

そしてあえてボトムスをジーンズにすることで、カジュアルな印象もプラス。これならばモードを意識した外出コーディネートとしても使っていけそうです。


>> コーディネートの詳細を見る

1 2 3 4 5 >

スポンサード リンク

デニムパンツの着こなし×人気ランキング(週間)